消防記念日

1948(昭和23)年3月7日、「消防組織法」が施行されました。

明治以来消防は警察の所管とされていましたが、これにより、条例に従って市町村長が消防を管理する

「自治体消防制度」となり、各市町村に消防本部・消防署・消防団の全部または一部を設置することが義務附けられました。

これを記念し、2年後の1950(昭和25)年、消防庁がこの日を消防記念日としたそうです。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL